母親の愛情は強すぎても弱すぎてもパニック障害になる?

母親が度を越えた愛情を注ぐ過保護はときとして、その子が成長した時にパニック障害を引き起こす原因となってしまいます。子供は自信で何かを成し遂げることで、一人前になりますが、そこに過保護と言う要素が加わると、誰かが何とかしてくれるといった思考が生まれ、常にその誰かに頼ってしまうようになります。

そしてそれは、いずれ一種の依存症へと進展していきます。やがて依存症はパニック障害という疾患に形を変えてその子の人生に立ち塞がってしまいます。

母親への依存症?何故パニック障害に結び付くの?

母親は普通は子よりも先に亡くなります。すると過保護で育てられた子供は依存する相手を失ったことに強烈な不安を覚えるようになります。こうして子供の不安に対する敏感な心が醸成されていくのです。パニック障害は異常なほどの不安感がその素因となっていることは言うまでもありません。

母親が子どもに愛情を注がない!パニック障害は避けられる?

それでは母親が愛情を注がなければパニック障害は避けられる?それもまた違います。子供は放っておかれたり、自分のやることをストレートに否定されたりする言葉を常に浴びせられれば「自分なんか生まれてこなければ良かった」「誰も自分の味方をしてはくれない」と不安を感じるようになります。

兄と比較される弟はパニック障害になりやすい

兄と比較される弟は、頑張らないと認められない,と恐怖と不安のどん底に自分を追い込んでいきます。人間形成が少しできてくると今度は、母親に迷惑を絶対にかけてはいけない、いい子にしなくては、と自身の行動を抑制するようになります。これがパニック障害を引き起こします

行動抑制とは?パニック障害との関連性は?

それでは行動抑制とはどのような行動や性質なのでしょうか?行動抑制はこれから挙げる行動や性質に限定されるものではありませんが、このような行動や性質が多く見られる子供がパニック障害になりやすい子供であることはわかってきています。

行動抑制とは次のような行動や性質を示します

    <行動抑制の行動、性質>

  • 何事にも臆病
  • 自身の本心を見せない
  • 人見知りする
  • 引っ込み思案
  • 内気で友人を作れない

これらはまさに親の愛情を十分に受けない子供に多い自己防衛本能の現れです。これがパニック障害の素因となっていきます。

母親が自身の子どもを虐待!パニック障害との関連は?

母親に虐待を受ける子供は、失敗すれば叱られる、ひどい暴力を受けるかもしれない、と常に不安と恐怖の中で生きていくことになります。そしてパニック障害が発生してもおかしくない人生の下地を作り上げてしまうのです。

母親が関連する幼少期の不安!パニック障害に繋がるの?

強い愛情で結ばれた母親と何らかの事情(例えば離婚)で、引き離されることで生まれる不安がパニック障害の引き金になります。実際に引き離される状況で、強い拒絶感と共にパニック障害の症状が現れます。

母親に関するトラウマ!パニック障害を引き起こすの?

子供の頃に母親と離れ離れになることはうつ病や不安障害を引き起こすことはわかっています。パニック障害者の大半は幼少期に強烈なトラウマを経験していることがわかっています。

母親に関連するトラウマってどんなものが考えられるのでしょう?

母親に関連するトラウマにはさまざまなものが考えられます。それだけ子供の幼少期の心に母親が占める割合は多いのです。

母親が関連するトラウマには以下のような事象が挙げられます

    <母親が関連するトラウマ>

  • 死別
  • 離婚
  • 長期間の病気入院
  • 母親がアル中
  • 母親の暴力

子どもの心的外傷は一生涯消えない!

こうした心的外傷は子供の心の深い所に傷跡を残し、それは一生涯消えることはありません

身内にパニック障害患者?家族が発症する割合は?

身内にパニック障害がいると、家族がパニック障害を発症する割合はそうでない家族と比べて7倍発症率が高くなります。しかし残念ながら今の医学ではパニック障害が遺伝するという確たる理論は確立されていません。

母親がパニック障害を抱えていたら?

母親が不安体質であったり、パニック障害を持っていれば子供に行動抑制を強いるのは自然の成り行きです。理解力に乏しい子供が母親が不安に怯える姿やパニック発作を起こした姿を近くで見ていれば、当然、恐怖や不安を覚えます。ですからパニック障害が母親から子供に感染する可能性は十分にあります。

まとめ

幼少期、つまり人格形成の上で最も重要な時期に母親の愛情不足や過保護は子供の将来に決定的な傷を残します。また幼少期に死別や離婚などで母親を失うことも同様に子供の不安と恐怖の心を育ててしまいます。

幼少期の子どもには家庭や家族が全てなのです。特に母親の存在と愛情は、それだけで子供の心の不安を取り除き、パニック障害から子供を守ることになるのです。

幼少期の子どもに母親が愛嬢を注ぐことが、不十分であったり、子どもの心に深いツメ跡を残すような離別や離婚は子どもに不安を植え付けるだけでなく、それがトラウマとなって将来パニック発作に発展することも十分に考えられます。まして子供を虐待することは子どもたちが将来、パニック発作やパニック障害に繋がる決定的な原因となるのです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ