夏季うつは気づきにくい!だからこそ気をつけたいその症状と原因について

夏は、よく夏バテで食欲がなくなったりしてしまいます。しかし、食欲がなくなる他に気分が落ち込んでしまうなどの症状がある場合は、夏季うつの可能性が高いです。

夏季うつは一般のうつ病とは少し症状が違ったり、原因も違います。なので、うつ病なのかどうか気づきにくい点があります。

そこで今回は、夏季うつを知り、その原因と予防対策についてお話ししていきます。

夏にだけなるうつ病?その変わった特徴のうつ病とは

今では話題となり注目を集めている「うつ病」ですが、このうつ病にはいくつかの種類があります。それには主に通常のうつ病、夏季うつ、冬季うつの3つが挙げられます。

その中でも今回は夏にだけなるうつ病(夏季うつ)の特徴についてお話ししていきます。

夏季うつの特徴

一般的なうつ病の特徴としては、精神的なストレスがきっかけで発症します。しかし夏季うつは、そのような原因は全くなく、夏という季節にだけ起こる症状なのです。

夏季うつの特徴としては、5月から9月にかけて食欲がなくなったり、夜眠れなくなるなどといった症状が夏バテに似ているということです。また傾向としては、男性よりも女性の方がなりやすい傾向があります。この理由としては、男性よりも女性の方が環境的な影響を受けやすいからです。

夏季うつはどうして起こるの?その原因を徹底解説!

夏になるうつ病と一般的なうつ病との一番の違いは、環境です。夏季うつには、夏の時期にしか影響されない原因が沢山あります。ここでは、その原因について紹介していきます。

暑さや強い日差し

夏季うつの一番の原因といっても過言ではないのは、暑い場所や強い日差しの場所に長時間いることです。このような環境でいると夏バテを起こしやすくなってしまいますし、何より脱水症状の危険も伴ってしまうので注意が必要です。

エアコンの温度の調節

暑いから室内にこもりクーラーをつけるのは全然問題ないのですが、あまりに設定温度を下げてしまうと自律神経が乱れてしまい、そこからうつ病になってしまいます。

設定温度は下げすぎずに、目安としては外気との気温差が5度以内になるように設定しましょう。

食生活の乱れ

食生活の乱れもうつ病の原因となってしまいます。確かに、夏は暑くて食欲が出ないからと、軽い食事で済ませてしまう気持ちはわかります。しかしこれにより栄養バランスが乱れてしまい、うつ病になってしまうのです。

特にタンパク質の不足は、セロトニンの分泌量が減ってうつ病になりやすくなるので、栄養バランスのとれた食生活を心がけましょう。

規則正しい生活

これは食生活を含め上記の全てを含みます。生活が不規則になってしまうと自律神経が乱れてうつ病を引き起こしてしまいます。

特に意識することは、睡眠時間です。夏は日が長くなって、どうしても夜更かしをしてしまう人が多いのですが、できるだけ早めに寝てきちんと睡眠時間をとりましょう。

夏季うつは他人にも理解されにくいの?夏季うつの治療法は?

夏季うつは、夏バテと似たような症状であるため、自分でも気づきにくくまた他人からも理解されにくいのです。しかし、できるものなら早く気づいて克服したいものです。

実は、夏季うつは冬季うつよりも発症者が少ないということが明らかにされています。また、夏季うつの発症者は主に米国人の5%であることが、ジョージタウン大学医学部精神科教授のNormanRosenthal氏の研究結果により述べられています。

夏季うつの治療法って?

ではその治療法についても研究されているんじゃないかと思われる方も多いはずですが、夏季うつの発症者は研究結果のように非常に少ないため、名案となる治療法が見つかっていないのです。
冬季うつである場合、日の出ている時間が短いことが原因とされているため、光照射療法で治療をするのですが夏季うつにはその必要はありません。つまり、夏季うつの真の原因というのは未だ判明していないというのが事実です。

しかし、今のところは過剰な日差しを浴びず室内で適切な温度でいることが、一番の対策です。

夏季うつが孤独なのってホント?その理由とは

冬季うつの場合は、たとえ他人の家でうずくまってテレビやゲームをするとなっても、多少の安心感はあるはずです。

しかし、夏季うつはその逆なのです。その逆とは一体どういうことなのでしょう。

夏季うつが孤独と言われる理由

例えるなら、夏季うつの場合は「人混みの多いパーティに紛れ込んだ」ような気分になります。

Rosenthal氏は「夏の季節性うつ病患者は暗い部屋に閉じこもっています。」と述べています。さらに夏季うつ患者は世の中のプールやハイキングなどといった、人と賑わう空間から疎外された気持ちになるとも言われています。

実は一時的なもの?夏季うつの特性とは

このように、夏季うつや冬季うつのような症状は、それぞれ夏と冬の季節に起きるのが一般的です。しかし実は、これらのうつ病の場合、一般的なうつ病と違って季節が変わると調子が良くなります

NationalAllianceonMentalIllness(米国の精神疾患支援団体)は、夏冬問わずこれらの季節性うつ病を発症する人は、春分や秋分の頃には減り、春や秋になると調子が良くなってくると述べています。

悪循環を起こさせない!身近に夏季うつ病の患者がいる場合の接し方とは

よく、夏に暑いと言えば「皆も一緒。暑いんだ」と返されることはありませんか?

そう言われればそうだけど、と思い悩んだことがあるはずです。しかし、もし身近に夏季うつ病患者がいたら、接し方を変える必要があります。

健康である人とうつ病である人との立場を考えよう

もし健康なあなたが暑いと言えば上記と同じ返答をされても、そこまで思い悩むことはないでしょう。しかし、これが夏季うつ患者であった場合は違います。

夏季とは言われていても、うつ病患者なのには変わりありません。なので、気分的に落ち込みやすくなってしまいます。つまり、もし夏季うつ病患者に同じ返答をすれば、患者はより重く捉えてしまい、そして落ち込んでしまうという悪循環を招いてしまいます。

そうならないためにも、まずは身近な人から接し方に注意してあげましょう。そういった行動が、ある意味夏季うつの克服を早める特効薬ともなります。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ