うつ病で休職すべきかどうかを判断する3つの基準は?

うつを患った時に思い悩むのが仕事です。本来、うつを発症したら休職してゆっくりと養生するのがいいのですが、うつは真面目で責任感の強い人がなりやすいという傾向があります。

ですから「今、自分が休むと会社に迷惑がかかってしまう」とか「一度会社を休職するともう席がないんじゃないか」とさらにネガティブな発想に結びつき、休職するタイミングが遅れうつを悪化させてしまいます。

うつ病の判断基準は医者でもできますが、休職する判断基準というのは明確にあるわけではなく医者でも判断が難しい場合もあります。

休職する判断基準は?

うつ病の度合い、仕事の状況や会社のサポートなど様々な状況を考慮して、最終的に休職するかしないかは自分で判断しなければなりません。

基準1:気力

まず大事なのは自分自身が頑張れるかどうかです。この頑張るというのはそれだけの体力や気力がまだ自分にあるのかどうか、自分で見極めることが大切です。

基準2:体調

次には体調です。これは健康面で不安がある場合、例えば、不眠が続いて頭が常にボーっとしている、食欲がない、何をしても憂鬱感が続くなど日常生活に支障をきたしているようであれば休職するべき状態にあります。

基準3:サポート

また職場の環境やサポートが得られるかも考えねばなりません。深夜まで及ぶ残業や、夜勤などがある場合はうつを治療しながら仕事をすることは非常に難しいですし、会社に休職の規定があるのか、上司の理解を得られるのかといった部分は判断する上で非常に大きなポイントです。

他にも仕事のミスや遅刻が増え、仕事に集中できなくなったという状態が続けば休職を検討するべき段階にあると言えます。休職の判断は最終的には自分自身と書きましたが、医師やカウンセラーとよく相談しながら決断するのがいいと思います。

もしうつの原因が仕事上のストレスにあるのなら、休職することが改善への一番の近道です。
思い切って休職して心と体に溜まった疲れやストレスをリラックスできる環境で癒やす時間が最も大切なのです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ