薬を飲みたくない!うつ病にならない食事療法が注目されています

今までのうつ病に対する治療は、薬と休養といったものが主でした。

予防に関しても、ストレスを抱えないようにしたり、カウンセリングを受けるなど、精神的な面に依存しています。

ですが現在、うつにならない食事療法というものに大きな関心が寄せられています。

なぜ食事療法に関心が寄せられているのか?

毎日、必ず食事はとります。その一つ一つを薬の代わりに、健康的な食べ物で補おうというものです。

薬は見た目で嫌だったという人も、これならば安心ですね。

若い人とは違い、お年寄りは他の病気にかかっており、常時別の薬を飲んでいるというケースが多いです。しかし、うつ病の対応も同じで、薬物投与によるものです。

そんな時に懸念されるのが、薬の飲み合わせですね。中には副作用が大きく出てしまい、せっかく症状の抑制に薬を摂取したというのに、それによって身体を悪くしてしまうということもあり得ます。

こんな時に、うつにならない食事療法。自然食品を使ったこの治療方法を進めていきたいと望んでいる方が、現状では多いぐらいです。

それでは、うつにならない食事療法について記述していきたいと思います。

どんな食事を取ればいいの?

まずは、三食欠かさず食べる。朝食を抜くのはご法度ということです。

うつ病の患者さんには食事すらも億劫になり、水しか飲まないという方も実状ではいます。

そこで肝心なのが、生活のバランスを栄養素がふんだんに取り入れられた食事によって正してあげるということ。

いい例として、国立国際医療センターでは和食を中心に食べている人と、そうでない人でうつ病にかかる確率が違うことが発表されています。

日本人ならば、和食が嫌いという方は少ないかと思います。メニューも、大豆や野菜、果物にタンパク質とバランスよく、かつ豊富ですね。

いきなりではなくても、献立の中に2品あるいは3品加えるだけで、うつにならない食事療法としては大いに違いがあります。

また、ポイントとして食事にかける時間をなるべく均一にし、リズムを作り出すというのも、健康な脳や身体を作る上で欠かせないと言われています。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ