パニック障害の治療法!自己暗示による自律訓練法について

パニック障害の症状は、主に心と身体の不調が現れる精神疾患です。そのため、パニック障害の患者さんには、自身の心の動きと身体の変化に着目し、不調について、医者やカウンセラーと一緒に話し合っていく精神療法がおこなわれることがあります。自律訓練法は、パニック障害に対して大変有効であることが分かっています。今回は、自律訓練法について、以下にまとめます。

パニック障害の治療法!自律訓練法

自律訓練法とは、主に心と身体の変化に着目し、目に見えない心の変化と、目に見える身体の変化について、医者やカウンセラーとともに話し合いながら治療を行います。患者さんは、心身の変化を言語化していくことで、だんだんと症状が落ち着いてくるため、パニック障害の治療において、大変有効です。

自律訓練法とは!外国で生まれた

自律訓練法は、二本独自の治療法ではなく、外国で生まれた治療法です。その起源は70年ほど遡ります。

発展の経緯について

自律訓練法は、主にドイツの大脳生理学者フォクトの研究を基盤として、シュルツによって体系化され心理生理的治療法です。さらにルーツによって発展されました。

日本ではいつごろ取り入れられたか

日本では、自律訓練法が導入されたのは、1950年代であると伝えられています。そして、1960年代に入って、九州大学心療内科などで心身症や神経症の治療法として臨床研究が始まりました。その効果が確認されると、パニック障害などの不安障害の治療にも積極的に適用されるようになりました。

使用される主な領域について

自律訓練法は、主に心身医学領域において積極的に適用されます。今日では病院臨床だけでなく、学校教育、スポーツ、産業・企業の分野でも幅広く用いられています。

自律訓練法とは!自己暗示を基盤とする

自津訓練法は、注意集中や自己暗示によって心身をリラックスさせる手順を踏んでいきます。全般的な安静感をもたらす背景公式と、生理的安定についても6つの公式からなる標準練習を基本に、自己催眠を深めていきます。その練習を1日に2~3回各10分程度行います。

自律訓練法に用いられる公式とは

自律訓練法には、特別な文言が使用されます。その特別な文言のことを公式といいます。自律訓練法に用いられる公式には以下のものがあります。公式を実際に口に出すことで心身をリラックスさせていきます。

    <自律訓練法の訓練公式について>

  • 背景公式気持ちが落ち着いている
  • 第一公式両手両足が重たい
  • 第二公式両手両足が温かい
  • 第三公式心臓が静かに規則正しく打っている
  • 第四公式息を楽にしている
  • 第五公式おなかのあたりがあたたかい
  • 第六公式額がここちよく涼しい

自律訓練法の効果!大きく2つの効果がある

自律訓練法については、主に短期的な効果と長期的な効果があります。どちらも心身にとってプラスとなる効果が生じます。

短期的な効果について

自律訓練法の効果には、まず緊張や不安の減少が生じます。また、怒りや抑うつも抑えられます。また、活気や爽快感の増加も生じます。

長期的な効果について

自律訓練法を長期的に行っていると、だんだんと効果が現れる事柄もあります。それは、心身の変化の気づきの増大、対人関係の安定、ストレス耐性の増大、自律神経機能の安定などの効果が生じます。

自律訓練法の用途!他の治療法と組み合わせる

自律訓練法は、単独で使用されるだけではなく、他の精神療法と組み合わされることもあります。複数の精神療法を組み合わせることで、パニック障害を治療するうえで、大きな効果が現れるためです。

バイオフィードバック訓練との組み合わせ

バイオフィードバック訓練とは、自らの意志ではコントロールできないさまざまな身体の状態を視覚的にモニターすることによって身体の反応を意図的に統制できるようにする訓練法のことです。パニック障害の治療の際には、実際にモニターを用いて、自身の身体の変化に着目していきます。

行動療法との組み合わせ

パニック障害の治療においては、自律訓練法と、その他の行動療法を組み合わせることもあります。行動療法の考え方は、症状の除去や行動の変容を目標とすることです。決して人格の変容を目標とはしません。また、無意識などの目に見えないものに着目するのではなく、客観的に観察可能な行動に焦点を当てます。

まとめ

パニック障害の治療においては、自律訓練法が用いられ、その効果は大きいです。患者さんは、自らの心身の不調から解き放たれ、健康的な生活をすることができます自律訓練法は、医師から指導を受けながら、自宅で自分一人でも実行することができるため、自宅で不安や抑うつが強くなってしまった際に、気軽に行えることができるのが大変魅力的です。

また、自宅で実行する際は、病院などを受診しながら、適宜医者やカウンセラーから適切なアドバイスや指導を受けていくと、その効果も高くなります。自律訓練法は、もともと外国において誕生し、発展してきましたが、現在では日本国内でも有効な治療法として確立しています。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ