うつ病と自律神経失調症の違いとは?こんな症状に要注意!

現代病とも言われる程日本人に多い「うつ病」。その症状は軽重はあれど、酷くなると日常生活を送るのも困難になってしまいます。またうつ病と間違われやすく、同じく罹患者の多い自律神経失調症とは、どの様な違いがあるのでしょうか。

ここではそれぞれの症状と違いについてご説明します。

うつの症状

うつ病になると、主に心に不調が現れ日常生活を送る事が困難になってしまいます。これまでは当たり前にできていた事が出来なくなったり、何に対しても意欲がなくなる、興味がわかないなど仕事に対してのモチベーションの維持が難しくなります。

また、感情に鈍感になり笑えなくなったり、喜べなくなったりする事もあります。反対に急に涙が止まらなくなってしまったり、不安に苛まれ死にたくなるなど、情緒不安定になります。

他人と関わる事が億劫になり、外へ出るのも困難になる場合もあります。うつ病にはいくつか種類があり、症状が現れる時間帯なども異なるため、これらの症状が長く続くようなら早めに医師に相談する事が大切です。

うつの原因は?

うつ病の主な原因は、ストレスなどによる自律神経の乱れであると考えられています。人間の自律神経は交感神経と副交感神経の二つから成り立っており、交互にこの神経が働く事で、バランスよく緊張とリラックスを繰り返しています。

この二つのバランスが崩れてしまうと、夜眠れなくなってしまったり、集中力を欠いてしまったりします。自律神経の乱れが続くと、自律神経失調症になってしまい体に不調が現れ始めます。

そしてその不調が続くと心身ともにストレスがたまり、うつ状態から、うつ病へと進行します。

うつと自律神経失調症の違いとは

自律神経失調症は主に体に不調が現れます。その症状には個人差がありますが、夜眠れなくなったり、それにより頭痛、めまい、食欲不振、胃腸の調子が悪くなるなど様々です。

また常に疲労感が抜けず、動悸や息切れなどが起こる場合もあります。それに対してうつ病は、心に不調が現れます。自律神経失調症にかかり、様々な体の症状が現れても有効な治療を行わずに過ごしてしまった場合、それらのストレスから心がうつ状態になり、悪化するとうつ病へと病状が進行してしまいます。

うつを予防するには

うつ病を予防するにはストレスを溜め過ぎないことが重要です。そして頑張り過ぎないことが大切です。自分ではそのつもりはなくても無意識に無理をして頑張り過ぎていると、心身ともにストレスが蓄積してしまいます。

結果自律神経が乱れを引き起こし、うつ病の入り口である自律神経失調症へと進行してしまうので、自分の思考パターンを把握して柔軟性のある捉え方、考え方ができる様にする事も大切です。

またうつ病予防には、バランスの良い食事がかかせません。肉や魚をバランスよく摂ることで、うつ病予防に効果的なセニトロンという物質が分泌されます。

更にうつ病になる原因の一つとして日照時間の減少が挙げられるので、なるべく休みの日には外出して太陽光に当たる様にしましょう。室内で過ごす際にも適度に日の光を浴びることで気分転換にも繋がります。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ