うつで仕事でミスしているあなたへ!うつで仕事のミスを減らす方法を紹介

うつになりますと仕事をミスしてしまいますよね。うつになりますと、思考が停止したり、焦りから仕事に対してミスをしやすくなってしまいます。

ここではうつになって仕事のミスを減らす方法を紹介いたします。参考にされると幸いです。

精神科やメンタル系クリニックのドクターと相談する

まずは、うつになっていて仕事に大きくミスをしている方は、必ず精神科やメンタル系クリニックなどのドクターに相談してくださいね。

特に病院受診している方は、薬の調整がうまくいっていなかったり、うつが悪化してしまっているケースがありますから、しっかりとドクターに報告してください。

仕事のミスの状況もしっかりと伝えてくださいね。ドクターは仕事に対してアドバイスをしてくれたり。薬の調整加減をみてくれます。

上司にうつになって仕事のミスをしている状況を伝えること

うつになっているときに、仕事の上司にしっかりとうつの状況を伝えてください。特に仕事のミスが酷くなってしまっているときは、自分だけではなくて仕事仲間にも迷惑がかかってしまいますから、仕事量の負担軽減や休養を上司から伝えられることができますから。

その際メンタル系にしっかりと受診していたら報告してください。

自分の仕事に対して無理をしないこと

うつになって仕事をしても大丈夫とメンタル系のドクターから指示がでてましたら、仕事に対して、自分の仕事量を減らすことができたら減らしてみましょう。

また、仕事への意識をかえて、責任をおいすぎることもやめるような意識をもつことです。責任感が強すぎて、うつが悪化してしまうケースがありますから、少し思考の転換をして、責任から自分を解放してみることです。

自宅では、ゆっくりと休むこと

仕事以外での時間はしっかりと休養してください。仕事以外でもストレスがかかる状況にありましたら、どうしてもやならければいけないこと以外は、やめてしっかりと休養することが大事になります。

また休み中は本当に自分が好きなことだけをやりますとストレスが解消して、うつの状態が良好する場合があります。特に好きな趣味がいいです。趣味も億劫だったら休養して心をしっかりと休めてくださいね。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ