気分変調症はうつ病に似てるその違いは?原因が心か脳の機能障害か!

なんとなく気が晴れない日が長く続き、不安な気持になり病院を受診する人もいます。また、周囲の人に勧められて病院へ行く人もいます。

病院で症状を説明した時に、うつ病と診断されてから薬を処方され病院での治療を長く続けても良い結果が出ないのに医師から「治療には時間がかかるものです」と言われて悩みながら治療を続けている患者さんも多くいます。

また、うつ病の治療を長く続けているのに良い結果が出ない事から気分変調症と診断されるケースもよくあります。今回は、そんな気分変調症とうつ病の違いについて調べました。

気分変調症とは?1日中憂鬱な日が長く続く状態!

「なんとなく1日中気が晴れない日や」、「気持ちが晴れずに何もする気になれない」とか「自分なんかいない方がいい」などという事が長い期間続く病気です。以前日本では、ノイローゼや抑うつ神経症等と呼ばれていました。

うつ病と似てはいるのですが、そこまで重くないので患者さん本人は自分の性格のせいと考えて病院への受診が遅くなる事もよく有ります。

どの様な症状がある?

気分変調症の症状は、人それぞれで色々とあります。病院では、診断基準を基にして判断されます。下記によく見られる症状を挙げました。

    <気分変調症のよく見られる症状とは>

  • 1日中気持ちが晴れない日が長く続く
  • 食欲が無い日が続く
  • 食べ過ぎてしまう
  • なんとなく疲れていて、何もする気になれない
  • 物事を考えて、判断する事が出来ない

原因になる事とは何?

ハッキリとした原因の解明はされていないのですが、大きな原因の中の1つには育った環境等があります。育った環境で、性格なども出来上がるからです。

似ているうつ病とは?脳内の機能障害から起きます!

うつ病とは、眠れないとか1日中落ち込んだ気分で過している、何をしても楽しくないという状態が続いている時の事になります。以前は精神病の1つに入っていました。最近では精神の病気からではなく脳の機能障害から起きている状態だという事が分かりました。

うつ病は、鬱の時期だけが出る単極性うつ病(大うつ病)と鬱の時期と躁の時期の両方が出る双極性障害の2つに分けられ事が出来ます。

単極性うつ病(大うつ病)?

単極性うつ病は、女性の方が男性よりも多く見られます。よく見られる症状を、下記に挙げました。その症状が2週間以上続きます。

    <単極性うつ病のよく見られる症状とは>

  • 憂鬱な気分が続く、何をしても楽しくない
  • 食欲が無い、疲れやすい
  • 睡眠障害で1日中眠い
  • イライラして、落ち着かない
  • 自分は生きていても仕方がない、死にたいと考える

双極性障害とは何の事?

双極性障害は、10代後半から30代前半くらいに罹りやすいです。男性と女性に偏りは少ないです。鬱の時期と躁の時期の両方の症状を、下記に挙げました。

    <鬱の時期よく見られる症状とは>

  • 憂鬱な気分が続く、何をしても楽しくない
  • 食欲が無い、疲れやすい
  • 睡眠障害で1日中眠い
  • 集中して考える事や、判断する事が出来ない
  • 積極的に何かをする気がなく、引きこもりやすい
    <躁の時期よく見られる症状とは>

  • いつもより元気になる
  • お金の使い方がはげしくなる
  • 眠らなくても元気
  • 食欲旺盛
  • 自分をコントロール出来ない

うつ病の治療長く続けたのに?気分変調症の病名!

長い間憂鬱な気分に悩まされる等の事から、自分からもしくは周囲の人の助言により病院を受診してうつ病の症状と似ているためにうつ病と言われ薬を処方されて治療を長い事続けても良い結果には繋がらない事もあります。

そんな状態の時に、症状が軽い事と状態が長い間続く事で医師の診断が変わりうつ病から気分変調症に変わるケースもよくあります。両方の症状が、よく似ているので判断をするのが難しいのです。

判断が難しいのです!

気分変調症の症状は、うつ病とよく似ているのです。うつ病に比べると、軽い症状でその期間が長期にわたるという事で区別されている為に判断が難しいのです。

病院で気分変調症の時?精神治療を薬と併行で行なう!

病院で気分変調症と診断された時に病院での治療として一般的なのは、薬物治療と精神療法になります。以前は、薬の副作用が強かったので使用を避ける事もありましたが今の薬は改善の効果も出て治療の効果を高めるという期待も高くなり積極的に使われてます。

薬を使う事で、患者さんの心の安定をはかり負担を軽くする事で精神療法の効果も高める事に繋がります。精神治療の効果として、再発防止を高める事がわかっています。

精神療法の効果を高める?

薬を使う事で心を楽にして、安定した状態で自分自身と向き合う事が精神療法をする事になります。この時の状態により、医師の判断で必要な薬が使われます。

うつ病の時病院では?検査も治療法も色々とある!

うつ病の最初に行なわれる診断では、診断基準を基に行なわれますがうつ病の疑いが濃い時には専門の医療機関で検査を受けられます。

検査技術も進化して頭部の血流の変化で判る、光トポグラフィー検査があります。また、血液検査でも、うつ病か分かるうつ病のバイオマーカーという最新の技術もあります。

両方検査できる病院に限りがあるので、事前に確認して下さい。費用も、病院により差があります。治療方法も進歩して色々あります。

血液検査はどんな事?

2011年に厚生労働省の承認を得ています。医療法人社団行基会川村総合診療院の川村則行院長とHMTの共同研究によりうつ病には、リン酸エタノールアミンの血中濃度が深く関係している事が明らかになりうつ病のバイオマーカーとして開発されました。

治療法も色々とある?

うつ病という病名は、昔から知られていましたが原因が解明されていなかったので確実に早く治す方法は見つけることが困難でしたが治療方法も進歩をしています。状況により、薬を使う時や精神療法もベストな方法を選べるようになりました。

まとめ

今回は、気分変調症とよく似ているうつ病とはどの様な病気なのか症状にはどのようなものがあるのか、治療方法について調べました。

うつ病とは、眠れない、1日中落ち込んだ気分で過している、何をしても楽しくないという状態が続いている時の事で以前は精神病の1つでしたが脳の機能障害から起きていると判明しました。

うつ病は、鬱の時期だけが出る単極性うつ病(大うつ病)と鬱の時期と躁の時期の両方が出る双極性障害の2つに分けられ事が出来ます。

うつ病の疑いが濃い時は専門の医療機関で光トポグラフィー検査や、バイオマーカー検査があります。病院は事前確認が必要で費用も、病院により差があります。治療方法も進歩して色々あります。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ