傷病手当金申請方法の3ステップとは?

申請うつ病で休職した場合一部例外を除きお給料が出ない会社がほとんどです。その時に生活費として大変助かるのが傷病手当金です。

今回は傷病手当金の申請方法について会社員を想定して説明します。

傷病手当金の申請期限は勤務が不能になったその翌日から2年以内です。急ぐ必要はないかもしれませんが、忘れないうちに早めにした方がいいですね。2年以内に申請しないと受給できなくなりますので注意して下さい。

申請の手順

1.傷病手当金の申請書の「被保険者(申請者)記入用」を記入する。(全国健康保険協会:健康保険傷病手当金支給申請書 のP1,2に該当)手続きで分からないことがあるときは会社の総務部などにも聞きましょう。

2.医師に申請書の「療養担当者記入用」を記入してもらう。(同申請書のP4に該当)
申請書を持って通院している病院に行き、お医者さんに記入をお願いします。費用は300円です。

3.会社に申請書の「事業主記入用」を記入してもらう。(同申請書のP3に該当)
事業主証明欄を会社に記入してもらい、総務担当部署に提出します。これで手続きは終わりです。

1ヶ月後には支給されます

普通は書類に不備がなければ、スムーズに申請がおります。申請が通れば、おおむね1ヶ月ぐらいで指定の口座に支給金が振り込まれることになります。また、手当金は給与の7割ぐらいが支給されます。もし申請が通らなくても、再審請求が出来ます。あきらめずに再審請求をしましょう。

ちなみに、傷病手当金は保険給付ですから非課税です。支給されたら後のことはいったん忘れて休養に専念しましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ