ぐっすり寝れないと思ったら!不眠症になる前に運動を始める

重度の不眠症になった時、生活を改善する為に何か新しいことを始めるのは殊の外大変です。寝つきが悪いとかぐっすり眠れないと感じたら予防的にまず軽い運動をしてみましょう。

不眠症の期間が長引き症状が重くなると何事も億劫になるので、新たな事をはじめる気力が無くなりがちです。ましてや体を動かす運動をしようなんて気力は全く起らなくなります。

不眠症が初期の段階ではまだ自分の意思で何かを始める事も可能なので、その前に運動する癖を付けることをお勧めします。

寝つきが悪い?運動は手軽に出来て効果的

運動するといっても決して激しい運動をするのではなく、道具もウエアも特別に用意する必要がなぐ手軽に始められる運動から始めてみましょう。特に有酸素運動は簡単に始めることが出来るうえ、心地よい疲労とリラックス効果も有るので効率的かつ効果的です。

ぐっすり眠れない?出来る運動からはじめましょう!

まず体を動かす癖を付けることが目的なので1時間程度の時間をつくり毎日少しでも出来る事をはじめましょう

心地良い疲労を感じる

運動は体を動かして心身に心地良い疲労をさせる事が第一の目的ですが、これは新しい習慣やライフスタイルを作る為のきっかけで、生活サイクルの見直しも目的としています。軽めのメニューから始めてみましょう。慣れてくると自分から体を動かしたくなるはずです。

    <気軽に出来るオススメの運動>

  • 好きな時間に家の近所を散歩する
  • 散歩をする事に少し余裕がある方は少し早く歩く程度のジョギングをする
  • 愛犬が居るなら4km位の犬の散歩を日課にする
  • 自転車が有るなら8km位のサイクリングを日課にする
  • とにかく外に出て近くの公園でストレッチなど軽い体操を日課にする

このぐらいのメニューで有れば時間さえ取れれば無理無く体が動かせます。慣れるまではダラダラと体を動かすだけでも良いですが慣れてきたら、少しは運動らしくリズムを持って歩く事やスピードアップを心がけましょう。

寝つきが悪い?通勤通学運動する!

無理に時間を取るのが嫌だという方は通勤通学の途中で数駅歩いてみたりしたら如何でしょうか?1回帰宅してから改めて運動するよりは始めやすいです。とにかく出来る事から体を動かす事を考えましょう。

寝つきが悪い?朝運動をしてみる!

不眠症の改善をしたいと思っている方にとって太陽の日差しを浴びる事は心身ともに大変有効な方法です。運動を行う時間として適しているのは特に朝の時間帯です。

体に朝なんだと認識させるためにも出来れば出勤、通学前の時間を使い毎日の日課に出来れば良いですね。

不眠症になるとぐっすり眠れていない事で寝起きがダラダラしがちなので思い切って起きるという意味でも運動は朝行うのが最適です。最初は朝起きる時間を変えるのは大変ですが慣れてしまえば苦にならなくなるはずですので奮起してはじめてみましょう。

ぐっすり眠れない?楽しみながら運動を続けて解消!

体を動かす事が日課になり、癖が付けば毎日運動をすることがそれほど億劫ではなくなります。

様々な工夫でモチベーションアップ

散歩をするにも、ただ黙々と歩くのではなく毎日の距離をカウントして延べ走行距離をつけたり季節ごとの風景の移り変わりを写真で撮ったりする工夫をして、楽しみながら運動をする方が長く続けられます。

また体重の記録を毎日つけてダイエット記録を作成するなどしてもモチベーションを維持するのには有効です。とにかく何かの数字を目標の目安に設定すると自然と続けやすくなりますので運動の中で目標を設定してください。

但し、目標を厳しくせってしすぎると逆にストレスになるので少し緩めに目標を設定すべきです。本来の目的はあくまでも運動の癖を付けるという事をお忘れなく。

眠れない?運動は事務的にやらずに適当に休む!

ジョギングやウォーキングがやっと癖になった時に挫折する原因のひとつに天候が考えられます。雨降りが何日も続くと折角始めた運動を簡単に止めてしまう事が多々あります。

また、足が痛いとか、今日は体調が悪いという自分に都合の良い理由を簡単に作りがちです。これは事務的に運動をしているからで、何か理由を見つけて自分を甘やかしてしまいます。

適度に休む事も大事

長続きさせるコツとしては適度に休むという事も大切です。前にも触れましたが楽しみながら自分のペースで適当にやる事も考えてください。

不眠症の解消は!一緒に運動を続ける仲間を見つける!

家族や恋人を巻き込む!

運動は一人で始めるより大勢で始める方が長続きしがちです。出来れば、家族や恋人を巻き込んで一緒に運動するように出来れば間違い無くモチベーションが上がり長続きしやすくなります。

愛犬を散歩の友とする!

愛犬を飼っているのであれば散歩がてらにウォーキングをするのも一つの手です。散歩のコースを距離別に複数つくり、平日の時間が無い時は短いコース、休日は長距離コースなど緩急を付けて運動をするのも長続きさせるコツです。

また愛犬は毎回違う場所で立ち止まるでしょうから同じコースを通っていても飽きることが少ない筈です。

不眠症をなおすには?とにかく運動が長続きする方法を工夫をする!

あくまでも不眠症を解消する事を目的として運動をはじめる場合、如何に飽きずに毎日出来るかという事が一番重要です。

自分のペースで体を動かす!

体力や持久力は続けているうちに自然と付いてくるものなので過度な運動は避け、オーバーワークになり過ぎないペースを作る事も考えなくてはなりません。無理せず楽しみながら続けられる工夫を各自見つけましょう。

とにかく楽しむ!

事務的にやるでは無く、とにかく楽しみながら運動が出来る環境を探しましょう。ウォーキングなどは癖になると1日休むと体の調子が狂うという方が多いです。とにかく気長に続けましょう。体を動かすことが楽しいとか心地よいと思えれば心もすっきりする筈なのです。ゆっくりでも気長に出きる運動を取り入れて不眠症の改善に役立ててください。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ