愛着障害は解離性障害の原因なのか?生後6か月からの1年が重要!

「愛着障害」とは、一般的に乳幼児期の養育環境の何らかの問題により愛着が構築だれず、情緒や人間関係に支障が出てしまう状態を意味し、解離性障害のリスクの1つとして着目されています。

愛着障害と解離性障害にはどのような関係性があるのかについて、「愛着」とはなにか、愛着障害を引き起こす要因とその症状から説明します。

愛着のとはなにか?愛着を構築するには?

愛着とは、主に乳幼児期の子供と母親を代表とする養育者との間に築かれる、精神的な結び付きを意味しています。この愛着が上手く形成されないことによって愛着障害が引き起こされます。

愛着は子供の成長に必須!

愛着の形成は、子供が生後3か月を過ぎたころから、自分の両親など養育者とそれ以外の人を識別することから始まります。

生活をしていく中で、子供と養育者との結び付きが深まり、愛着が培われ、これをベースにして子供は成長していきます。そのため、子供と養育者との愛着の形成は、子供の健全な発達において重要な役割を担っています。

特別な知識や技術は不要!

愛着を構築するために大切なことは、子育てに対して丁寧で優しい姿勢で取り組むことであり、特に難しい知識や技術は必要ありません。スキシップや目と目を合わせたコミュニケーションなど、当たり前と思われがちなことですが、愛着の構築には必要不可欠な要素となっています。

愛着は子供の成長を促す!愛着形成の4分類とは?

しっかりとした愛着の構築は、子供の健やかな成長にとって大きな役割を果たしています。

愛着による3つの成長とは?

子供の成長において愛着は、大きく分けて以下の3つの成長を促しています。

    <成長への愛着の効果>

  • 人間関係における信頼感の育成:養育者への甘えや受け入れられる体験から、コミュケーションの楽しさや喜びを覚える
  • 表現力およびコミュニケーション能力の育成:自分の欲求を表現できることで、その楽しさと難しさを学ぶ
  • 安全で安心な環境の確保:養育者をいつでも避難できる拠り所とするこで、積極性、好奇心、探究心、ストレス耐性を身に着ける

愛着障害になり易い家庭とは?

子供の愛着の形成には、4つの家庭のタイプがあり、Dタイプの「無秩序型」の子供が愛着障害になり易い傾向がみられます。

    <愛着形成の分類>

  • 「A,回避型」:養育者の子供への関心が不足している家庭の子供
  • 「B,安定型」:安定した家庭の子供
  • 「C,抵抗型」:養育者が過干渉する家庭の子供
  • 「D,無秩序型」:虐待や精神的に不安定な養育者の家庭の子供

愛着障害の原因とは?愛着形成阻害の影響とは?

愛着障害になり易い家庭のタイプが見られるように、子供と養育者の間の愛着構築が、愛着障害と大きく関係しています。

原因となる養育環境とは?

愛着障害の原因として、以下のような養育環境が挙げられています。

    <原因となる養育環境>

  • 養育者の放任や無関心:養育者の子供への関心が薄く、最低限の世話しかしない
  • 愛着対象の曖昧化:大勢の養育者が存在し、頻繁に対象が変わってしまう
  • 養育者の差別:兄弟格差など明らかに差別された育児
  • 愛着対象の喪失:養育者との死別や離別
  • 不適切な養育環境:養育者からの虐待やネグレクト

重要な生後6か月から1年!

生後6か月から1歳半頃の間が、愛着を形成する重要な時期であり、この間に養育者からの危害や不適切な環境におかれ、愛着の形成が阻害されると、子供の発達に大きく影響が現れてしまいます。

基礎となる養育者との愛着ができていないため、人間関係の信頼感が育まれず、コミュニケーション能力など社会性の成長に問題が生じてしまします。

愛着障害は2つに分類!特徴的な行動とは?

愛着障害の診断は、WHOの診断分類「ICD-10」では、「反応性アタッチメント障害(反応性愛着障害)」と「脱抑制型愛着障害」に分類されています。

2つの行動の違いとは?

「反応性アタッチメント障害」の行動の特徴として、養育者を含めて人と距離をとろうとする傾向がみられるのに対し、「脱抑制型愛着障害」の場合は、養育者に限らず誰にでも過度になれなれしく、落ち着きが無く粗暴な行動がみられます。

共通している行動とは?

どちらの愛着障害も、養育者との間に充分な愛着が形成されないために起こるもので、子供は養育者に対して信頼感や安心感がありません。そのため、上手に甘えられずに強情や意地っ張り、極端なわがままな行動がみられます。

また、養育者に対し視線をそらす、甘えるそぶりがみられないなど、子供の養育者に対する行動や視線に違和感を覚えることもみられます。

大人の愛着障害とは?他の疾患の原因にも?

愛着障害は、子供のころに発症し治療されないまま大人になると、人格形成や情緒面の発達に影響が現れ、愛着障害が続いてしまうことがあり、うつ病や解離性障害など他の精神疾患の発症の原因となることがあります。

解離性障害との関係とは?

大人の愛着障害は特に珍しい事ではなく、仕事やプライベートで問題が生じても、その原因が愛着障害によるものと気付いていないことが多くみられます。

解離性障害は、耐えがたいストレスに対する防衛本能であり、愛着障害によってストレス耐性が育っていないということは、必然的に防衛反応が強くなってしまいます。

特に解離性障害は、安心できる環境の欠如が大きく影響しており、愛着障害は潜在的な解離傾向を持つことになっています。

まとめ

乳幼児期に養育者と子供の間に、適切な愛着が形成されていれば愛着障害が引き起こされることはありません。そのため、本人や養育者にとっては、愛着障害であることを認め難いため、大人になっても放置される傾向があります。

大人になると子供のように無条件に甘えることは難しいですが、周囲の理解と協力によって社会生活で自信をつけることにより、愛着障害を改善させることが可能です。

愛着障害は明らかに後天的な環境要因による疾患ですので、安心できる環境の整備によって防止や克服できることを理解し、予防や治療に取り組んでいきましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ