辛いうつの症状を克服!一人暮らしに挑戦する際に気をつけるべきこと

うつにかかった場合、日常生活そのものが困難になります。しかし、リハビリをすることでうつは克服できます。

うつを克服して一人暮らしに挑戦するまでの流れと、一人暮らしの時に使える行政のサポート体制を紹介します。

日常生活において支障が出るうつの症状

うつになると、仕事や家事ができなくなるのはおろか、基本的な衣食住までができなくなってしまいます。例として代表的なものに、十分な睡眠がとれない、まともに食事ができない、お風呂に入るのもおっくう、などです。

もともと抑うつ気分で外に出るのもしんどい時に、これらの要素が重なることで、ますます外出が困難になります。やがてつながっていた対人関係も疎遠になり、社会的に閉ざされてしまうことも多いです。

では、これらの症状を克服するためにはどうしたらいいでしょうか。

辛いうつの症状を克服するためには

うつの症状を克服するためには、まず生活リズムを整えることが大切です。夜眠れないからといって日中に眠ったり、仕事を休んでいるからといって夜更かしをしてはいけません。

早寝早起きを心がけ、朝起きたら太陽の光を浴びて目を醒ますように心がけましょう。うつの人にはこれがとても難しいことですが、脳内のセロトニン分泌を促すために大切なことです。

また、少しずつでいいので軽い運動をしましょう。きつい日は家の中でストレッチでも構いません。体を動かすことで、気分転換にもなります。

思い切って一人暮らしに挑戦してみる

うつを克服し始めたら、一人暮らしに挑戦してみることも、リハビリの一つです。ただし、うつの人は、周囲のサポート体制が整ってからにしましょう。

一人暮らしでは、衣食住のすべてのリハビリが求められます。毎日ご飯を食べてお風呂に入る、たまには炊事に挑戦してみる、1日1か所の掃除に挑戦するなど、目標を決めてリハビリを進めます。

目標で自分を追い込んだり責めたりする必要はありません。焦らず進めていきます。結果をかかりつけの医師やカウンセラーに報告して、相談しながらモチベーションを保つのも手です。

一人暮らしをする場合のサポート体制

うつを克服したくても、うつを抱えたままの一人暮らしは、大変不安なものです。万が一の時に助けてもらえる家族や友人、ソーシャルワーカーとつながっておきましょう。

地域包括支援センターでは、同じうつなどの障害を持つ仲間を作ることができます。また、日常生活を一人で行うのはまだ困難…という場合には、訪問介護をお願いすることもできます。

こちらは各市町村の自治体によって、障害者認定など手続きが必要ですが、炊事や洗濯掃除、必要な場合は風呂介助までサポートしてもらえます。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ