認知療法7コラム法

認知療法-7コラム法認知療法の代表的なやり方に「7コラム法」があります。

これは、現状を確認し、それに対して本当にそうなのかを客観的に見て再度考え直すという、自分を客観的に見れるようにする訓練です。

書き込み式なのでノートとかがあれば誰でもすぐにできます。書くのが面倒だと思う方もいますが書き出してみると今自分が何に悩んでいるのかが明確になり感情が整理されますので是非試してみてください。

7コラム法の手順

①現状を確認する
  「会社へ行く」などストレスを感じた出来事を書く
②その時の気分を知る
  その時の感情(ストレスに対する度合い)を0~100%でどのぐらいなのかを書く
③落ち込んだことを確認する
  その時に無意識に考えたことを書く、これをすることで考え方の癖を分析します
④その根拠
  ③でなぜ自分がそう考えたのか、その理由を書く
⑤反証
  ④で考えたことが本当にそうなのか、事実と違ってないか、一旦その事を自分と切り離して考えて書く
⑥合理的な思考
  ③、④両方をよく考えてどちらかに矛盾はないか、どちらがより正しい物の見方なのかを書く
⑦結論
  ⑥で再度落ち込んだ事を考え直してその時の感情を0~100%で書く
  ②で感じた感情と比較する

どうですか?この手順そんなに大変ではありません。自分の状況を確認し、その時の感情とそう思った理由を考えてそれを反復する事によって落ち込んだ原因を分析していくことで再発を防ぐために行います。会社でも定期的に行われているPDCA(Plan Do Check Action)にとてもよく似ています。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ