うつ病ハック|うつ病・メンタル問題の情報サイト

自分がうつ病なんてかかるはずがない!

と思っている方は多いと思います。

でも、日本には1000万人のうつ病患者がいて、

だれがなってもおかしくない環境にあります。

しかも、一度かかると回復して自分に合った治療法を見つけて最終的に克服するまでに時間がかかります。

厚生労働省の発表では年間3万人いる自殺者(下図)の内、約1万人弱がうつ病(メンタルヘルス)の問題が原因で自殺したと発表しています。

自殺者の内、うつ病が原因が一番だそうです。

推移図

出典:警察庁

うつ病での自殺者

年間の交通事故死亡者数が約5000人ですから、交通事故で死ぬよりうつ病で死ぬ可能性の方が高いです。

それだけうつ病と言うのは恐い病気なのです。

うつ病は心の風邪ではない!

うつ病は心の風邪なんて言って最近は認知されだしてますが、私に言わせると心の癌だと思います。それだけ回復するのが難しいです。

早期発見できれば回復は早いですが、遅くなればなるほど回復も遅くなり、最悪の場合死に至ります。

当サイトで知れることは?

当サイトは、

  • 自分が本当にうつ病なのかと疑問に思っている人
  • うつ病と診断されたけどどうすればいいのかわからない人
  • うつ病で今後が不安な人
  • うつ病をどのように治療していけばいいのかわからない人
  • 特に医者に掛かってもなかなか回復しない人

などに本当にうつ病を回復したい人に回復させる方法を提供していきたいと思ってサイトを立ち上げました。

管理人自身もうつ病患者であった過去を生かして、自分が得た知識で皆さんの苦しみが少しでも和らげられればと思ってます。

管理人がなぜうつになってどうやってうつを克服したのかを紹介
管理人のプロフィールはこちら

管理人がなぜこのサイトを運営しているの?
このサイトについてはこちら

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。


最新情報

認知療法で認知の歪みを修正!カンタンで具体的な方法とは?

「絶対に私の事を嫌っている」「きっとまたうまくいかない」こうした考えは、認知の歪みから発生している事が多くあります。あなたの認知の歪みを正していくことで、日常生活が変わります。 認知療法は精神系や心因性の病気にかぎらず、・・・

うつ病はどうやって克服する?認知療法の3つの概念を知ろう!

認知療法は精神的な悩みの問題を解決するのに役立つ心理療法です。悩み事や今の気分、人間関係の基盤となっている考え方に変化を与えるので、うつ病やプチうつ、プチストレスなどの治療として人気の集まっている治療法でもあります。 不・・・

強迫性障害とは?苦しんでいる人が身近にいるかも!

強迫性障害という言葉を聞いたことがあるでしょうか。強迫?障害?なにか怖い病気の名前だと思う方もいるかもしれませんね。実際には当事者の方でも深く理解できていないのが現状です。 今回は、この強迫性障害について少し掘り下げたお・・・

長嶋一茂はパニック障害だった!あなたはパニックになりやすい人?

元巨人軍の長嶋茂雄の息子、一茂はパニック障害でした。これは死に至る深刻な病気なのでしょうか? パニック障害は情報がこれだけのスピードで飛び交い、誰もが何かに追われるようにして暮らしている現代では「先進国の現代病」と呼ばれ・・・

出産後の不眠症を改善したい!長引く場合は産後うつかも?

出産後は赤ちゃんのお世話で誰でも睡眠不足になりがちですが、一睡もできずに朝を迎えてしまう日が続く場合は産後不眠症かもしれません。身体は疲れているのに気が張って寝付けないのは非常に辛いことです。 産後の不眠症は放っておくと・・・

不安障害への接し方の注意点とは?4ポイントを押さえたケアが重要!

「不安障害」は、「不安」を主訴とする精神疾患ですが、その症状の現れ方は多種多様です。症状であり原因でもある不安とは、誰にでもある感情ですが、不安障害の方の辛さを理解することは健常者にとって難しいものです。 また、症状自体・・・

不安障害での病院の選び方とは?信頼感を見極める4ポイント!

不安障害の方は、「不安」というごく自然な感情自体が症状となるため、病院に行くこと自体に抵抗感を持ちやすく、なかなか病院を受診しない傾向があります。また、受診しても医師の目を気にするあまり、症状をしっかりと伝えられない傾向・・・

不安障害とうつとの関連性とは?4割にも及ぶうつ病との併発!

「不安障害」と「うつ病」は種類の違う病気ですが、似たような症状を示す事もある上に併発の可能性もある、関連性の高い病気です。また、両方とも症状や原因に個人差が大きいため、診断が難しくなっています。 しかし、病状に応じた治療・・・

不安障害の原因はどのうなものか?発症要因は1つだけではない!

「不安障害」とは、不安や恐怖を主訴として様々な身体症状を現す疾患であり、心理的要因(心因)が主な原因であると考えられてきましたが、現在ではまだ十分に解明されていない状況です。 不安障害は、「パニック障害」や「全般性不安障・・・

不安障害に処方される薬の効果とは?1か月程度の経過観察が必要!

「不安障害」とは、強い不安感によって、「行動」、「心理」、「身体」に影響を及ぼしてしまう疾患です。 不安障害の「薬物療法」は、脳内の神経伝達物質の異常が恐怖や不安の発症原因と捉え、薬物によって脳内の神経伝達物質をコントロ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ