うつ病で仕事を3回も休職した私がうつ克服のためにやったことを全て公開!

自分がうつ病なんてかかるはずがない!

と思っている方は多いと思います。

でも、日本には1000万人のうつ病患者がいて、

だれがなってもおかしくない環境にあります。

しかも、一度かかると回復して自分に合った治療法を見つけて最終的に克服するまでに時間がかかります。

厚生労働省の発表では年間3万人いる自殺者(下図)の内、約1万人弱がうつ病(メンタルヘルス)の問題が原因で自殺したと発表しています。

自殺者の内、うつ病が原因が一番だそうです。

推移図

出典:警察庁

うつ病での自殺者

年間の交通事故死亡者数が約5000人ですから、交通事故で死ぬよりうつ病で死ぬ可能性の方が高いです。

それだけうつ病と言うのは恐い病気なのです。

うつ病は心の風邪ではない!

うつ病は心の風邪なんて言って最近は認知されだしてますが、私に言わせると心の癌だと思います。それだけ回復するのが難しいです。

早期発見できれば回復は早いですが、遅くなればなるほど回復も遅くなり、最悪の場合死に至ります。

当サイトで知れることは?

当サイトは、

  • 自分が本当にうつ病なのかと疑問に思っている人
  • うつ病と診断されたけどどうすればいいのかわからない人
  • うつ病で今後が不安な人
  • うつ病をどのように治療していけばいいのかわからない人
  • 特に医者に掛かってもなかなか回復しない人

などに本当にうつ病を回復したい人に回復させる方法を提供していきたいと思ってサイトを立ち上げました。

管理人自身もうつ病患者であった過去を生かして、自分が得た知識で皆さんの苦しみが少しでも和らげられればと思ってます。

管理人がなぜうつになってどうやってうつを克服したのかを紹介
管理人のプロフィールはこちら

管理人がなぜこのサイトを運営しているの?
このサイトについてはこちら

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。


最新情報

うつ病を食事で克服?薬に頼らずうつを楽にする食べ物と食べ方

うつの原因は聞かれると、多くの方がストレスを思い浮かべるのではないでしょうか。 実際に会社でのストレス、家庭で・・・

うつ病の一人暮らしは大変!助けを求めればいい!

日本はうつ病患者が多いことで有名です。これを読んでいるあなたも自分がうつ病なんじゃないかと感じた時はありません・・・

もう副作用におびえない!漢方薬はうつ病の治療にも使えます!

うつ病は今や多くの人がかかる精神疾患で、一定の条件が揃えば誰でもなりうるものです。 うつ病になれば、治療のため・・・

5月病はうつ病のサイン?5月病とうつ病の見分け方について

毎年4月になるとちょっと気分が変わって頑張ることができても、GWを超えたあたりからなんだか元気が続かない。 一・・・

うつからの復職したい方必見!うつから復職する方法を紹介

うつから復職するのは、うつの方は非常に心配してしまいます。 ここではうつから復職するのはどうしたらいいかを紹介・・・

うつの方必見!うつで悲観的になっている方の3つの解決方法を紹介!

最近はストレス社会になってしまってうつで苦しんでいる人は世の中にたくさんいます。 ここではうつの人が悲観的にな・・・

うつ病を克服するポイントとは?医師との連携の大切さについて

うつ

うつ病の診断が降りたときに、どのように克服するとよいのでしょうか。 ここでは、診断が降りてから自宅でどのように・・・

うつは考え方を変えれば治るの?認知療法の方法と実践について

認知療法という言葉を聞いたことはありますか? これは、考え方を変えることに重点が置かれた方法で、様々な領域で使・・・

うつ病治療には薬だけでなく筋肉トレーニングも併せて必要

うつ病は身体も頭も疲れきっている状態で発症しています。まずはすべてを休ませることが大切です。 しかし、回復から・・・

焦りは禁物です!うつ病に向き合い克服するためには?

うつ病はいつ誰がかかるかわからない現代病のひとつです。 完治ということは難しく、風邪のように3日分の薬を飲めば・・・

このページの先頭へ